Japanese Language Proficiency Test JLPT N1 – Grammar Exercise 8

次の文の(  )に入れるのに最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。

 

1) 親のしつけが子供の性格形成に(  )ことは言うまでもない。

  1. 通じる
  2. 通す
  3. 関する
  4. 関わる

2) 男女平等といっても、女性(  )の差別はまだ残っている。

  1. ゆえ
  2. たる
  3. なり
  4. こそ

3) 父の成功は母の愛情(  )なし得なかった。

  1. なきには
  2. なきでも
  3. ぬきには
  4. ぬきでも

4) どんな国(  )、貧富の差は大なり小なり存在する。

  1. であれ
  2. において
  3. でもって
  4. につき

5) 先日のお礼(  )、新製品のご紹介に参りました。

  1. ながらも
  2. につき
  3. として
  4. かたがた

 

Answer:

1) 4.

2) 1.

3) 3.

4) 1.

5) 4.

 

That’s the end of Japanese Language Proficiency Test JLPT N1 – Grammar Exercise 8. To do other exercises, please click here.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *