Japanese Language Proficiency Test JLPT N1 – Grammar Exercise 6

次の文の(  )に入れるのに最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。

 

1) 我が社に就職する人は語学やコンピューター操作は(  ),企画力でも優れていなければならない。

  1. もとから
  2. もとでも
  3. もとなら
  4. もとより

2) がんばっている人に、どうせやっても無駄だなどと言う(  )。

  1. ものではない
  2. までもない
  3. しかない
  4. にほかならない

3) 経験豊かな上田氏(  )、推薦できる人はほかにいない。

  1. において
  2. をおいて
  3. にあって
  4. をあって

4) 風邪で熱があったので、家に帰る(  )寝てしまった。

  1. さい
  2. べく
  3. なり
  4. おり

5) 以前のようには走れない(  )、自分の足で歩けるようになりたい。

  1. うちに
  2. までも
  3. よりは
  4. かぎり

 

Answer:

1) 4.

2) 1.

3) 2.

4) 3.

5) 2.

 

That’s the end of Japanese Language Proficiency Test JLPT N1 – Grammar Exercise 6. To do other exercises, please click here.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *